プログラマーと心理学

どうも、HACKMONSTERのSAKUです!!
今日は土曜日ですね。

今回は、僕自信が興味深い心理学を学ぶ機会がありましたので
プログラマーからみた心理学をファッションに落とし込んでみようと
思います

それではご紹介していきます(°▽°)

靴下からわかる性格

靴下の色で決まる性格

プログラマーとファッション

はい!!では、じっくりご紹介していきます

皆さんは、靴下は何色を履かれていますか?

実は、何色かどんな柄の靴下を履いているかで
「落ち着き」タイプと「独創的」タイプかの違いが
判断できるんです。

これは、お医者さんから聞いたお話なんですが
医者が診察する際に、「まず患者のどこをみますか?」という
回答に

「靴下です。」とお答えになった方がいました。
これには、「ん?」となりました。

しかし、よくよく聞いてみると「なるほど」となりました。

どういうことか、
「靴下の色」「柄」を見ると、相手がちゃんと医者の話を聞き
治療に専念する意欲があるかというのを判断しているそうです。

例えば、

A患者の靴下「無色で柄がない靴下」

B患者の靴下「色付きの柄あり靴下」

仮にこの2人の患者が同じ病気を抱えていた場合どちらの
病気が早く治ると思いますか?

答えは、Aの患者だそうです。
理由は、「無色で柄がない靴下」を履く方は話をよく聞き
診察後のお薬をきちんと飲む傾向があるそうです。

つまり、「話をよく聞き、治療に専念するタイプ」なんだそうです。

Bの患者 「色付きの柄あり靴下」は独創性な方が多いらしく
「話を聞いているようで聞いていない方」が多いらしく
その分の治療期間が延びることが多々あるそうです。

これは、非常に面白い心理テストだなと思いました。
僕は、この人の心理行動はファッションにも生きてくると感じたわけです!!

内面のオシャレ=外面のオシャレ

プログラマーと靴下

先ほどは、靴下からわかる性格タイプを紹介しました。

今からは、見えない部分のオシャレは見た目に表れるということに
触れていきます。
そもそも、靴下というのは見えないことの方が多いですよね。

最近では、サンダルに靴下というのも流行していますが
基本は、お仕事をされる時jはズボンで隠れてしますことがほとんです。

皆さんはどうでしょうか?見えない部分のオシャレを意識されていますか?

されていないと言う方でも、案外そんなことはないんです。
どう言うことか?

「両足の色が揃った靴下」と「青色と赤色の違いちがの靴下」が売っているとしたら
どちらを購入されますか?

この返答も様々だとおもいます。
僕は「両足の色が揃った靴下」を選びます。

先ほども述べたように靴下は「隠れた部分」なんです。

ですが、「両足の色が揃った靴下」と選んでしまう。
理由は「揃っていないと気持ち悪いから」
見えない部分でも自らが選んでいる。

見えない意識、それは意識しないと気づきませんが
意識して選ぶとオシャレにつながってきます。

どうせ選ぶなら意識しましょう!!

何を履いているのかを、自身で認識できていれば見た目にもこだわり始めます。
よく「外面を見づに、中身を見て」と言う方がいますが

靴下の話を聞いてから
じゃあ、「中身がよければ、外面はどうでもいいのか?」と思うようになりました。

中身というのは、外に表れる。ということではなく。
中身をしっかりしていれば、外見にもおのずと表れる。ということです。
面白いのが、逆からのアプローチもできます。
「見かけをよくすれば、おのずと中身もよくなる。」

これは、営業マンなどが活用できる項目になります。

「5万円のスーツとかかとがすり減った靴の営業マン」
「15万円のスーツと鏡のように磨かれた革靴の営業マン」

どちらが成功しそうでしょうか?

やはり後者なんです。
中身はどうであれ。「仕事ができそう」な格好をしていると
仕事ができる意欲が後から付いてきます。

心理学からわかるファッションとは

身の丈にあった服装を考えよう。

どうでしょうか、靴下から始まる心理学。

さて、次は本当に自分が思う服装は果たして身の丈に合っているのか?
に触れていきます。
ここでいう身の丈というのは、「生活を無理なくできている服装」の
ことです。

というのも、僕自信がけっこう無理をしていた時期がありました。
やっぱり、最近はオシャレさんが多いので
「自分もオシャレしなきゃ!!」というのが多かったです。

まず、オシャレと聞くとファッションとなりました。
そんな中、自分が思うオシャレな服というのはどれも高価なものが
多かったです。
バイトしてお金を貯めて、服を買う。
クレジットカードを使って買い物をする。
あっという間に生活が苦しくなりました(笑)

これは、経験されている方は結構いそうです。。。。
当時は仕方ない、オシャレの為だと思っていました。
でも、バランスが崩れることに気づきました。

バランスとは、部分的にオシャレになってしまっていたことです。

これは偏見でもなんでもにんですが
よく街中で見かけるのが
「カバンが有名ブランド物」でも服は安価な安っぽいもの。
バランスがおかしいと感じるのは、このことです。

「ウーん。変だな。」と当時のオシャレを気取っていた僕は
思うわけです。
じゃ、安くても全体を統一してみよう!!と考えたわけですよ
するとびっくり、「変じゃない。」
そうなんです、「変じゃないんです」
全体のバランスを整えてあげると感じていた違和感がスッと消えたんです。

「生活が苦しくなってまでするオシャレは単なる見栄」になってしまうことがあるんです。

そう考えると「靴下」は比較的安価に手に入る物なので
お手頃なファッションになりますね。

ぜひ、自分に合ったオシャレをしてみましょう。

まとめ

靴下からわかる性格

心理学からわかるファッションとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です